2月革命 (途中経過)

2012.02.23 Thursday

 


それからというもの、わたくしは頑張っております。
普段はなかなか言えませんが、今回の場合は自分から「頑張っている」と言っちゃいます。
毎週の倉庫通いも、残すところあと数回。



寒い屋外で過去作品を開けたり閉めたり崩したりしていると、いろんなことを思い出します。
その作品を作っていた場所を真っ先に思い出し、次に作業中の風景や使った材料のこと。不思議と、その頃関わっていた人達や展示した場所はすぐに思い出せないんです。
何年やってても制作時間というは特別な経験なんだと思います。(もしくは私が薄情者か)

な〜んてしんみりしていると、倉庫近所にある基地めがけて飛行機が飛んで来ます。
その爆音で私のノスタルジータイムは遮断され、AC/DCな気分に切り替わります。

決断にはRockが効くぜ。


 


IMG_1613


 


 


 


“決断疲労”、あり?。


 


 


2月革命

2012.02.07 Tuesday

 


あ。
大げさなタイトル。
なんだか2月って「おとしまえをつける」イメージがあります。
確定申告のせいですかね。

数ヶ月前から徐々に決心を固めてきて、やっと今月実行へ。
他人から見たらたいしたことないのですが、自分には重要な「作品整理」です。
ここにこうして書いたのも、あえてプレッシャーをかけて力ずくで乗り切ろうという魂胆です。
途中でくじけてしまうんじゃないかという不安がぬぐえません。
だってそこには、沈黙の決別が待っているんですもの。


 


なので多少愛想が悪くてもご了承ください。


 











「いまだにカラオケでMy Revolution 歌っちゃいますねぇ。」(72年生まれ・女性)


 


 


ウルトラマリン

2012.01.13 Friday

 


数年前から、気まぐれに木版画で年賀状を作ったりします。


去年の暮れは「今年はサ〜ボろ。」と決めてたのに、やっぱり年賀状をもらってしまうと返事を書きたい。


かといって事務的な作業になってしまうのも嫌なので、結局彫りました。


夜な夜な、カリッ、カリッ、カリッ....     ひーっ!


 


のろのろと3枚の版のズレを直しては彫り、絵の具をあーだこーだ変えて、調子が出てきたと思ったら指をサクっと切って血が出たよ。


そんな時間、嫌いじゃないぜ。


 


私が小さい頃、父親がよく木版画で年賀状を作っていました。


家にカラフルな版たちが何年分かあって、それを見るのはなんだか楽しかったです。


版だけ見てても何の絵だかサッパリわからない。でもそれが楽しい。


木の版は、刷り終わってからも物的に魅力的。ハガキサイズでかわいらしいし。


と、いうことで年賀状を頂いた方に寒中見舞いとしてお出ししようと思います。


そして今年の暮れには、再び彫ってみせます年賀状。


 


そうそう。友人知人の皆様、私から年賀状が届いても届かなくても気にしないでくださいね。


ただの趣味ですから。


ついでにFacebookの「いいね!」を押す押さないも気にしないでください。


もひとつおまけにTwitterのフォロー・アンフォローもリプ有り無しも気にしないでください。


ただの幻影ですから。


 


 


それにしてもポスターカラーの彩度ったら! しびれます。


写真はターナーのウルトラマリンです。


 


IMGP5351


 


 


カーーーン! カーーーン! カーーーン!           ※これは呪いの藁人形