ウルトラマリン

2012.01.13 Friday

 


数年前から、気まぐれに木版画で年賀状を作ったりします。


去年の暮れは「今年はサ〜ボろ。」と決めてたのに、やっぱり年賀状をもらってしまうと返事を書きたい。


かといって事務的な作業になってしまうのも嫌なので、結局彫りました。


夜な夜な、カリッ、カリッ、カリッ....     ひーっ!


 


のろのろと3枚の版のズレを直しては彫り、絵の具をあーだこーだ変えて、調子が出てきたと思ったら指をサクっと切って血が出たよ。


そんな時間、嫌いじゃないぜ。


 


私が小さい頃、父親がよく木版画で年賀状を作っていました。


家にカラフルな版たちが何年分かあって、それを見るのはなんだか楽しかったです。


版だけ見てても何の絵だかサッパリわからない。でもそれが楽しい。


木の版は、刷り終わってからも物的に魅力的。ハガキサイズでかわいらしいし。


と、いうことで年賀状を頂いた方に寒中見舞いとしてお出ししようと思います。


そして今年の暮れには、再び彫ってみせます年賀状。


 


そうそう。友人知人の皆様、私から年賀状が届いても届かなくても気にしないでくださいね。


ただの趣味ですから。


ついでにFacebookの「いいね!」を押す押さないも気にしないでください。


もひとつおまけにTwitterのフォロー・アンフォローもリプ有り無しも気にしないでください。


ただの幻影ですから。


 


 


それにしてもポスターカラーの彩度ったら! しびれます。


写真はターナーのウルトラマリンです。


 


IMGP5351


 


 


カーーーン! カーーーン! カーーーン!           ※これは呪いの藁人形