START☆みんなのミュージアム 開催中

2018.01.24 Wednesday

1月20日、北陸新幹線の始発に乗り
START☆みんなのミュージアム2018 - ものがたる手とテとて- のオープニングへ。
この展覧会は毎年この時期に開催する展覧会。

富山近美時代から30年以上も続いている。

富山県内の小・中・高・特別支援学校の児童生徒さんが主役。
なのでオープニングは9:30からっ。

 

昨年、春になる前にゲストアーティストやりませんか、のお誘いをいただいた。

以降、前回(2012年)より半年以上も早くから富山を行ったり来たり。

桜から雪まで、富山の季節を見ることができて満足した。

今年の夏、山とダムも行けたらいいなあ。

 

そしてゲストアーティストは展覧会テーマも決めなければならぬ。悩んだ挙句・・


『ものがたる』

 

に決定。

 

これをテーマにした意図は、

絵や工作が苦手でも、誰かにあったことを話す時のような、お喋りする気軽さで作れればいいのにな。
というところから。
私もですが、誰かに「作りなさい」や「作るべき」と言われて作るのはしんどい。
「表現」という単語も便宜上使うけど、けっこう苦手。

苦手なことが多すぎてこの仕事向いてないんじゃねぇか、とよく思う。

ま、それは置いといて。

 

ということで、入り口は超広く、なんだかんだとこじつけられるテーマ「ものがたる」。

 

今年の出品校は
・砺波市立砺波南部小学校
・氷見市立南部週学校
・射水市立大門中学校
・砺波市立出町中学校
・富山県内高等学校・特別支援学校美術部
・富山県立富山総合支援学校

 

そして、私と全校生徒503人とのワークショップを引き受けてくれた
・富山市立奥田小学校

 

富山に昔からある角風船を、みんなで作って絵を描いて、展示しましょうと提案した。

(以前、Spaceship Kari-nuiの紙風船ワークショップに苦戦したのでリベンジしたかったし、

富山県美術館での定番ワークショップになってほしかった)

奥田小の先生方が授業を調整して時間を作ってくれたおかげで、

全部のクラスをまわることができた。

高学年は角風船を組みたてるところから制作して絵を描いて、

低学年は美術館ボランティアさんが制作したものに絵を描いて。
ひとクラスずつで、時間はかかったけど「奥田小の児童全員に会った」と実感できて嬉しい。

 

そして設営。

503点の角風船をどうやって見せようか・・・と考えた結果
これしかない!という方法で展示できたと思っています。入魂のガン玉です。
会場を訪れた方は、ひとつひとつゆっくり眺めてください。
みんな自由で、勝手で、一生懸命。

見ているとニヤついてしまいます。

 

 

で、私も新作を出しています。

 

タイトル:つもるこたつ #1、#2    (2点一組)

タイトル:つもるこたつ #1、#2   ドローイング

タイトル:つもるこたつ #1、#2    1/10マケット

 

この作品は、大昔の売薬さんについての妄想がきっかけとなっています。

 

誰かが誰かに会いに行く、会いに来る。
会えるその場所を待ち望んで、話したい話が積もっていく。
誰かを、その場所を、待つ暖かさもまた積もっていく。

 

そんな風景。

 

 

富山県美術館の皆さん、美術館ボランティアの皆さん、
売薬資料館の学芸員さん、創作紙風船倶楽部の皆さん、施工業者の皆さん、

そして奥田小学校を始めとする児童生徒のみんなと、全先生。

 

ありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

 

さとうりさ

 

 

 

 

 

 

 

 

苗加屋さん連れて帰ってきたちゃ