Dear Shangri-la

2011.11.26 Saturday

 


黄金町バザールの最終日、展示会場で高橋久美子さんと対談させていただきました。


今年の9月までチャットモンチーのドラムと作詞を担当されていた、久美子ちゃん。


今は作家・作詞家として活躍されています。


 


実はこの日が初対面の私たち。


ふたりの間を取り持ってくれたのが、私のビール友達であり、出版社フォイルの編集者である中村水絵さんでした。


水絵さんが編集を務めた詩画集『太陽は宇宙を飛び出した』(詩・高橋久美子/画・白井ゆみ枝)が出版されたのは2010年7月。


出版と同時に、世田谷ものづくり学校で「ヒトノユメ 展 in Tokyo 2010 ~詩と絵の作品展~」を開催。今年も愛媛、徳島と巡回されたそうです。


展覧会のコーディネーターでもあった水絵さんは、当時から久美子ちゃんや他のメンバーの話、展覧会準備の楽しい話&苦労話を私にしてくれていました。もちろんビール片手に。


今回、久美子ちゃんと私の初対面対談がうまくいったのは、“楽しくもハードな展覧会づくり”という共通項があったからかもしれません。


 


水絵さんから聞いていた通り、実像の久美子ちゃんは私が今までライブ映像で見てきた印象よりずっと柔らかな女性でした。


そして目がキラキラうるうる。


と思ったら、次の瞬間には、あのドラムさばきと同じ力強い眼差しが…。


 


 


対談の内容は、久美子ちゃんの公式ホームページ内、「このひとに会いたい」でご覧いただけます。


 「んふふのふ」 http://takahashikumiko.com/


 


 


チーム久美子の皆様、楽しい時間をありがとう。


 


PB065057
撮影:干田正浩


 


 


?胸を張って歩けよ 前を見て歩けよ 希望の光なんてなくったっていいじゃないか


 


(チャットモンチー「シャングリラ」より)