図案の心は・・・

2012.01.21 Saturday

 


 先週、森美術館で開催されていた『メタボリズムの未来都市展』を最終日前日に駆け込んで見てきました。


人混みの隙間から、入り口の展覧会概要を読んでいたら、栄久庵憲司氏の名前が。


驚いた、というより自分の無知っぷりが恥ずかしいく、数分落ち込みました。


氏がメタボリズムのメンバーだったを知らずにいたのです。


 


 


栄久庵さんがどういう方か手短かに説明いたしますと...


インダストリアルデザインの神。


GKグループ代表。


私のようなフニャフニャ人間からお話するのも恥ずかしいので、自分で調べてくださいませ。


 


私が東京芸大デザイン科だった頃、ゲスト講師として栄久庵氏(当時70歳前後)の授業を受けたことがありました。氏は仙人のような髭をたくわえ、声も大きく、明るく楽しそうに話をされていたのを憶えています。


当時、私が在籍していたデザイン科は ”平面” と ”立体” に分かれていて(ざっくりし過ぎやろ)、自分は”立体”専攻だったから、その授業を受けたのかもしれません。(が、違うかもしれません)←ダミだこりゃ。


 


展示の後半に、氏のインタビュー映像が流れていました。


当時の髭は剃ってしまったそうですが、印象は変わらず、どこか柔和で聞き手を引き込む口調は変わりませんでした。


 


展覧会場を出てすぐのミュージアムショップでこの自伝を買いました。


手に取って、最初のページから面白かったので即決です。


でも「我々のデザインで世界を変えよう」とGKを設立した学生時代の章を読んだときは、複雑な気持ちになりました。


恐れ多くて、氏と自分を比べるのはとてもできません。が、読み進めるたびに自分の ”ダミだこりゃ” な学生時代のあれやこれやを、ぽんぽんぽんぽん思い出し...ドンヨリ。


なんであんなどうでもいいことを悩んでいたんだろ。


デザイン業界の方でなくても、「モノつくり」に携わっている方なら興味深く読めると思います。大きいお話ですから。


 


 


思うところあって、卒業以来一度も芸大上野校舎を訪れていないけど、こんどフラっと行ってみようかな。


いろいろどうでもよくなってきました。


 


 


IMGP5354


 


 


いつまでもあると思うな親と金と師。