11月の六甲山

2017.12.05 Tuesday

 

 

 

六甲ミーツ・アート芸術散歩2017が終了した。

搬出も終え、作品たちは我が家へ帰ってきた。

 

出展についての初打ち合わせが昨年の12月。

あれからもうじき1年経つ。

おかげで六甲山の四季を見ることができた。

もう来月は六甲山に登らないのかと思うと寂しい。

 

これは今年の1月にラフイメージとして描いたもの。

六甲枝垂れ周辺の資料にあったヒゴタイの花がよっぽど印象的だったようで、ずいぶんたくさん描いている。

ヒゴタイ、ほんと可愛い。

 

今思い返すと、叶えばいいな、くらいの弱気な提案だった。

「あべちゃん・・」の小さいサイズは過去作品としてお披露目しているし、文章とセットで展示してほしいし、

花で囲みたいともリクエストしたし、“あれこれややこしそやな” と言われそうだったから。

加えて、作品意図を誤解されたりしたらどうしよう、という心配もあった。

 

結局、そんなさまざまな不安を吹き飛ばす勢いで快諾していただき

理想的な環境のなか展示させてもらった。

 

10月末には来場者の投票で決まる「六甲ミーツ・アート大賞第3位」をいただいた。

これも台風をはじめ過酷な自然環境のもと、作品のケアをし、植栽を整えてくれたスタッフ陣のおかげだ。

私はいつも自宅で案じていただけだから。

 

来場してくれた皆様、

スタッフ・関係者の皆様、

 

本当にありがとうございました。

 

またお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー。やめないでよかった。