1月の長岡

2019.01.28 Monday

先週、長岡造形大学の今年度の授業が終わった。

講評の日はいつも時間がなくて、数人としか話せない。

でも出来る限り彼らの変化を見ているつもり。

 

制作、時間、思想、もろもろもっと自分のものにしてもらいたい。

と毎年思う。

そして私の言うことを疑ってほしい。

と毎回思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは越後湯沢

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事