Unmanned無人駅の芸術祭・地図

2019.03.15 Friday

Unmanned無人駅の芸術祭が始まってます。

 

マップをリンクしました。

上記公式サイトにあるパンフレットとあわせてご利用ください。

 

 

 

代官町駅・待合室
展示)ズガ・コーサクとクリ・エイト
 

 ↓

 ↓

 ↓
神尾駅・周辺
展示)中村昌司

 

 ↓

 ↓

 ↓

福用駅・駅舎
展示)しでかすおともだち

 

古民家野菊の宿
展示)長谷部勇人
 

旧大池家
展示)中透

 

 ↓

 ↓

 ↓

 

大和田駅・ホーム
展示)クロダユキ+蔵内彩子

 

 ↓

 ↓

 ↓

抜里駅・駅舎
展示)江頭誠

 

五班集会場
展示)江頭誠
 

インフォメーションセンター・抜里プラザ
展示)持塚三樹、伊藤尚未

 

 ↓

 ↓

 ↓

川根温泉笹間渡駅・駅舎
展示)ズガ・コーサクとクリ・エイト

 

大井川鐵道 大井川第一橋梁下付近》※川根ホテル対岸あたり

展示)夏池篤+山本直

 

 ↓

 ↓

 ↓

地名駅・ホーム
展示)星雅治

 

 ↓

 ↓

 ↓

塩郷駅・周辺
展示)清水陽介

 

 ↓

 ↓

 ↓

田野口駅・駅舎
展示)さとうりさ

 

 ↓

 ↓

 ↓

駿河徳山駅・ホーム
展示)木村健世
 

2月の抜里滞在

2019.03.14 Thursday

 

 

抜里の朝はだいたい霧が出ているのでまろやかな光がもわっと広がっている。

7時には朝のジングル?がスピーカーから流れる。

ここは朝が気持ちいいので、さっさと起きるのが吉。

そして散歩するか車でコンビニまでドライブする。

 

 

 

 

 

 

 

 

黄金町のスタジオから運ばれた作品は、ここ抜里の「兒玉さんちスタジオ」に収納された。

このガレージは、物を収納するだけではなく、近所のご主人達の飲みの場という大事な役割がある。

到着した日も、イベントボランティアを終えた4名ほどの抜里衆が、西日を浴びながらお湯割を飲んでいた。

ので、私も参加した。

 

 

 

 

 

 

 

作業中、兒玉家のみなさんにいろいろ助けていただいた。

おかげさまで作業はしやすかったし、スムーズに進んだ。

写真に写っているご主人は、この展覧会の重要なサポーターなので覚えておいてもらいたい。

私なりに気を使って「顔出し無し」の写真にしたけど、

なぁんだぁよ〜だぁしてくれよぉ〜

と後でクレームが来るかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真を撮ったとき、「あれ?駅よりここのほうがいいんじゃない?」

と思ったことはここだけの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

機械に関するもの、食物に関するもの、子供達のおもちゃ。

多種多様の物、物、物、が混ざりながら整頓されていて、隅々まで見てしまう。

ある日には、どこかの神社に飾られていた古くなった鏡餅がやってきた。

蛍の餌になる虫のための餌になるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成後、展示場所である田野口駅まで運んでくれたのも兒玉夫妻。

感謝でいっぱいのドナドナ風景。

 

 

 

 

 

 

 

横浜市→島田市

2019.03.01 Friday

 

 

 

8日から『Unmanned 無人駅の芸術祭』 が始まる。

黄金町のスタジオで作らせてもらっていた作品たちは、先週、島田市抜里へ移動した。

残りの作業は現地でやることに。

ほんの1ヶ月くらいの期間でも制作した場所には情が湧く。

毎回、出て行くときは晴れ晴れしながらしんみり。

そう、引っ越すときのあれ。

 

 

 

 

スタジオでは5種類のオブジェ(油土)の石膏型も作った。

石膏なんてしばらく使っていなかったけど、シリコンより気楽でいい。

無臭だったり、粉だったり、値段だったりがその要因かと。

(容器等に残った石膏は必ず固まるのを待ち、新聞紙などで拭き取って捨てましょう 水道に流してはいけません)

 

 

 

 

 

 

3月10日に田野口駅で行うワークショップのテストもしてみた。

石膏型に陶土を詰めて抜いたもの。

型の乾燥がもっと進めば、もっと抜きやすくなるはず。(希望)

 

土も気持ちが楽でいい。

 

ご参加お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

現調・田野口駅

2019.02.04 Monday

今年のUNMANNED展、私の展示場所は田野口駅に決定した。

ということで先々週末、メジャーを持って現地へ。

 

久しぶりの大井川鐵道、車両の先頭席にはすでに乗り鉄さんたちがいらした。

このときのトピックは『車両の一生』といったところ。

「〇〇の車両は〇〇に引き取られたけど、今は〇〇で使われている」とか

「公園に(遊具として?)設置しちゃうのも良さそうだけどマメに塗装しないとすぐ錆びるからコストかかんだよね」

 

|  -_-).。oO(ほほう。)

 

と、自作弁当を食べながら聞き耳を立てる至福。

 

ただいま、大井川。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスの抜里

2018.12.26 Wednesday

 

 

 

 

また抜里にやってきた。

到着して車を降りた途端、なんか、変な感じ。

相変わらず静かで日差しだけ強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レア盛り