1月の富山

2018.01.18 Thursday

 

やっと設営までたどり着いた。

今回は“富山でもめったにない量”の雪に迎えられる。

埼玉育ちの雪素人は、すごいすごいと口に出さずにいられない。

同様に海が見えれば「あ。海だ」と出そうになるが、そこは我慢するようにしている。

 

 

 

 

 

 

そして次の日。

ケロッとこんな表情されたら好きになっちゃうよ。

 

 

 

 

 

 

設営の時間は、いつも印象深い。

どの展覧会の設営もけっこう覚えている。

なにしろ作品が妄想の巣窟から出て、初めてシャバに触れるシーン。

その様子を見届けていると、達成感やら開放感がじわじわくる。

それとほぼ同時に「私はいったいぜんたい何をつくっちゃってんだろ?」

と恥ずかしくなり、巣窟に戻りたくなる。

大事な装身具を手放したような、身体がスカスカするやりきれない気持ちもある。

たいがいの場合、数日前までの制作疲れが溜まって少しハイになっているから

つい大げさな親心みたいなものが湧くのかも。

 

 

あんた、かーちゃんもう行くで。

きばりや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポケットからガン玉でてきたよ

 

 

 

 

 

 

 

12月の富山

2017.12.28 Thursday

 

 

 

 

夜に到着した富山駅、吹雪がお出迎え。

ホテルに荷物を置いて、行きつけの店をのぞいたけど満員で入れない。

そうでした、世間は年末でした。

気を取り直して新規開拓へ向かう。問題無。

 

 

 

 

 

 

次の朝は徐々に晴れてきた。

富山ではよく見る「雲の穴」を横目に、頼りになる学芸員と一緒に再び奥田小学校へ向かう。

 

今回が最後のワークショップ。

1日目が2年生を3クラス(1時限目から4時限目)

2日目が1年生を3クラス、特別支援級を1クラス(1時限目から5時限目)

全部で5日間のワークショップで、全校生徒500人弱が参加してくれたことになる。

今回も、面白作品に何度も笑わせてもらった。(ほんでまぁ〜よくしゃべるちゃね〜)

そして笑いがおさまるたびに「この“面白”を伝わる展示をしなければ」と若干の不安で真顔になる。

 

大丈夫だけど!(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安でもお腹はすくよね

 

 

 

 

 

11月の富山(2)

2017.12.14 Thursday

 

 

 

 

今月2度目の富山。

もうすっかりしっかり寒い。

朝8時に富山県美術館の若き学芸員と集合し、奥田小学校へ。

今回は二日間連続で、1限目から6限目までを使わせていただいた。

(3年生を3クラス、4年生を3クラス、6年生を2クラス)

生徒たちにエネルギーを吸われているのか、受け取っているのか、

どちらかわからないけど終わったら動けないほどになる。

 

 

 

 

 

 

 

短い時間のなかに爆笑と悩みが凝縮していて、こんな体験もめったにないだろうと思い、

メモしたい衝動に駆られたけど何を書いていいかわからない。

彼らをしっかり見るしかない。

給食は撮るしかない。

 

お昼の放送の、突然始まるクイズ。

の、すっかり忘れたころに呟かれる “答え”。

校舎のいろんな場所に転がっているヘンテコな間(ま)が懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥田小学校のオリジナルお菓子が薄味で美味しい。

もらうとすっごく嬉しい。

お菓子っていいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪がそこまできているよ

 

 

 

 

 

 

11月の富山(1)

2017.11.30 Thursday

 

 

 

 

 

来年1月から始まる展覧会のためのワークシショップを開始。

富山県美術館の近くにある奥田小学校へ。

4月から美術館の方々と少しづつ準備をしてきて、やっと実施できるのが嬉しい。

美術館のボランティアスタッフのみなさんにもたくさん頼みごとをしてしまっ(ている)た。

これから設営までやること山積みで、想像るすとくらくらする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、今日やれることをちゃんとやろう。

 

 

 

 

 

10月の富山

2017.10.22 Sunday

 

 

 

 

 

 

長岡造形大学の授業を終えて、そのまま富山へ。

初めてダイレクトに行ってみた。

思っていたより近くて、得した気分。

 

 

富山県美術館(前・富山県近代美術館)は、この8月に全館オープンしたばかり。

夏前の下見ではカラだった展示室や棚にも、当然みっちりと作品が入っていた。

わぁ。わぁ。わぁ。と思わず写真を撮りまくる。(常設展は撮影OK)

また改めて紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

そしてワークショップの打ち合わせのために美術館近所の小学校へ。

小学校に限らずだけど、先生って本当に大変な仕事だなと思う。

そう思っているくせに、あちらこちらで協力を求めている自分。

どうもすみません。

ちゃんと、かたちにしなくては。

 

 

 

 

 

「とんぺい」にも是非。