野にある生

2019.08.08 Thursday

 

自分の体調が優れないとき、一番食べたい物を食べることが何よりの滋養になる。

と、聞いたことがあるような、無いような。

 

体調は普通だけど、頭のなかが “目詰まり” してしまっている今の私には、

ジャック・ロンドンの作品が何よりの滋養になっている。

読んでいるあいだは

「ほれ、食え。」

と、彼に与えられた生肉をワシワシ食らう大型犬になった気分。

なのに読後は心身が身軽になって清々しい。

この感覚をどう説明したらいいかわからない。

 

100年以上前に書かれた彼の名作群は膨大で、短編だけで200を超える。

全てが翻訳されているわけではないけど、

ずっとこの先も、未読を探しながら追い続けられることが嬉しい。

 

さて、どの順番で出会うかはお任せします。

大丈夫、呼び声が聞こえるはずだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

(´-`)。oO(柴田さんに全作品翻訳してもらいたい...)