三島

2018.05.19 Saturday

昨年の秋頃からぼんやりと、そろそろ会いに行きたいと思っていた。

でも相手に時間を気にするような仕草を見せたくないから、
もうちょっと仕事が片付いて気分が軽くなったら行こう、と先延ばしにしていた。

 

ところが不思議なもので、先月「よし、連休終わったら飛び出すぞ」と決めた途端、
相手にも念が通じたのか、すんなり日程が合った。

 

ヴァンジ彫刻庭園美術館と、そこで働く人たちに再会できたことが本当に嬉しく、感謝している。
とくにこの季節は、制作と展示のために一緒に時間を過ごした、たくさんの人たちの顔が浮かぶ。
太陽光は意外と強く、クレマチスやバラは満開だ。
とにかく隅から隅まで眩しい季節。
眩しすぎて目に染みて仕方がない。

だから涙目になっても仕方がない。

 

染みたまま、話しては黙り、観ては話しを繰り返し、気がつけば5時間くらい経っていた。

なんだろう、すごく身体にいいものを吸い込んだ気がする。

 

 

 

 

 

ご褒美みたいな時間をありがとう